PLATELET-RICH PLASMA

PRP療法について

PRP療法とは

PRPとはPlatelet Rich Plasmaの略で血液の中の血小板成分を多く含む血漿のことです。この部分(図の右側、赤い囲み)を専用器で抽出したものを治療として患部に注射するのがPRP療法なのです。


PRPにはヒトの組織の再生に必要な様々な成長因子やサイトカインといわれるタンパク質がたくさん含まれています。※下図参照

PRPに含まれる成長因子・サイトカイン

整形外科における
PRP療法活用事例

PRPは腱や靭帯などの修復に有効で、すでに多くのスポーツ選手がケガからの早期復帰をめざした治療に使用しています。大リーガーの田中将大選手や大谷翔平選手が肘の故障からPRP療法も受けて故障を克服したこともよく知られています。
すでに欧米を中心にその有効性は数多く報告されている上に、ご自身の血液を使用するために安全性も高く、大きな副作用は報告されていません。一時的に局所の軽い炎症反応が起こる治療法であるために、注入部位の痛みや腫れなどを起こす場合があります。その後次第に炎症が収まり組織修復反応が起こります。
一方、近年このPRPが変形性膝関節症の治療に用いられるようになりました。

ひざ関節痛/変形性膝関節症へのPRP治療

変形性膝関節症の関節内では、軟骨を破壊する成分(MMP)を作る炎症性サイトカイン(IL-6やTNFα)という悪質なタンパク質の働きが活発になっています。これを放置すると軟骨の破壊が進み、膝関節機能が失われていきます。
ここにPRPを投与すると、高濃度に含まれた成長因子の働きによって炎症を抑えることで痛みを軽くし、軟骨の破壊を抑えることができると考えられます。また、PRP治療は、軟骨だけでなく半月板に対しても良い効果を与えることが報告されています(Filardo, Knee Surg Sports Traumatol Arthroc 2011)。
変形性膝関節症の治療としては、かつては運動療法、薬物療法、ヒアルロン酸注射などの保存療法を行っても効果が少ない場合は人工膝関節置換術などの手術治療を考慮するしかありませんでした。
ここにPRP治療が登場し、治療の選択肢が広がりました。

当院でのPRP治療の流れ

PRP治療の適応
いずれも既存の保存的治療をある期間施行しても効果が不十分な場合に適応があります。

(1)変形性ひざ関節症 の場合 ⇒ LR-PRP もしくは PFC-FD
(2)変形性股関節症,変形性肩関節症、変形性肘関節小学、変形性足関節症など →PFC-FD
(3)肩腱板損傷、肘、ひざ 、足関節等の靭帯損傷 難治性のテニス肘(外側上か炎)など→ PFC FD

Source:Arteriocyte Medical Systems TS-0078-130(data on file)

当院では、治療した患者様の治療効果を判定する目的で、視覚的アナログスケール(VAS: visual analog scale)および膝関節損傷・変形性関節症転帰スコア(KOOS: knee injury and osteoarthritis outcome score)用の質問に回答頂いています。詳細は、下記バナーリンクをご参照下さい。

LR-PRP療法の治療の流れ

当院では成長因子、抗炎症性サイトカインを豊富に含んだ高容量高濃度PRP(Super Dose / Super Rich PRP)を行っています。

  1. STEP01

    問診・診察

    関節の痛みや違和感の程度、これまでに行ってきた治療についてお伺いします。ここまでは保険診療で行います。医師がPRP治療の適応と判断し患者様のご同意が得られたら、治療日を予約させていただきます。

  2. STEP02

    採血

    施行1週前に 採血し感染症検査、血液中の血小板数、白血球数などを確認します。X線、MRI画像を確認してPRPの濃縮度、関節注入部位 と注入量を決定します。

    同時に採血量を決定します。通常は約60mlを採血します。変形重度の場合や年齢が高く注入量を多くする場合(高容量高濃度PRP: Super Dose/Super Rich PRP)さらに60ml採血します。

  3. STEP03

    注射

    決定した採血量(60~120ml)を採取し 、MAGELLANシステム使用しPRP作成します。作成に要する時間は15分から30分程度です。当院ではPRPの濃縮度、注入量をコントロールできる作成器(MAGELLAN®)を使用しています。
    膝関節への注入は超音波診断装置(エコー)を用いて確実に関節内や靭帯へ注入します。

PFC-FD療法の治療の流れ

  1. STEP01

    問診・診察

    関節の痛みや違和感の程度、これまでに行ってきた治療についてお伺いします。ここまでは保険診療で行います。医師がPRP治療の適応と判断し患者様のご同意が得られたら、採血日を予約させていただきます。

  2. STEP02

    採血

    ご予約日に来院していただき自己血液約50mlを採取し、細胞加工センターに送り、検査・加工します。

    ※血液検査(検査費用1万円)で、感染症(B型肝炎、HIVなど)の有無を確認します。感染症検査が陽性に出た場合には、PRP治療を行うことができません。その場合でも、検査費用1万円はご負担いただきます。

  3. STEP03

    注射

    採血から3週間以上期間あけたご予約日に来院していただき、膝関節にPFC-FDを注射します。注射後は歩いてご帰宅が可能です。その他生活上の注意点などは、PRP治療の説明・同意書をご参照ください。

PFC-FD治療費用

税込み料金(自由診療)です

血液検査費用 治療費
10,000円 140,000円

※同療法は、作成工程で血漿成分をフィルタリングする際、白血球などの細胞成分は除去されて、無細胞(cell free)の注射剤となるので、再生医療等安全性確保法の規定からは除外されます。

LR-PRP治療費用

税込み料金(自由診療)です

血液検査費用 治療費
10,000円 190,000円

※同療法は、作成工程で血漿成分をフィルタリングする際、白血球などの細胞成分は除去されて、無細胞(cell free)の注射剤となるので、再生医療等安全性確保法の規定からは除外されます。

再生医療などの
自費診療を
検討する際の注意点

  • 学会や全国整形外科医により広くみとめられている標準的治療法は、保険診療範囲内の治療法です
  • 保険診療範囲外の治療法ですので、自費診療扱いです
  • 標準的治療法との違いを理解した上で、選択していただく新しい治療法です
  • 新しい治療法であるため、治療成績で存在するのは短期成績のみです
  • 適応(どのタイプの人に効くか効かないか)などは、まだ臨床研究中のため、必然的に効果の個人差は大きくなってしまいます
  • 一定回数の治療でも期待した効果が得られない場合は、標準的治療法に戻っていただきます

PRP療法についての
問い合わせ

プライムコーストみなとみらい
クリニック外来受付

045-681-3711
WEB診察予約