PRPにはヒトの組織の再生に必要な様々な成長因子やサイトカインといわれるタンパク質がたくさん含まれています*。


*PRPに含まれる成長因子・サイトカイン:

・血小板由来成長因子(PDGF):
細胞増殖、血管新生、コラーゲン再生
 
・血管内皮成長因子(VEGF):
血管内皮細胞の増殖・血管新生

・線維芽細胞増殖因子(FGF/EGF):
上皮細胞の増殖促進

・形質転換成長因子(TGF-β):
上皮細胞の増殖・血管内皮細胞の増殖

PRP療法とは

PRPとはPlatelet Rich Plasmaの略で血液の中の血小板成分を多く含む血漿のことです(写真の黄色部分)。

PRPは腱や靭帯などの修復に有効で、すでに多くのスポーツ選手がケガからの早期復帰をめざした治療に使用しています。
すでに欧米を中心にその有効性は数多く報告されている上に、ご自身の血液を使用するために安全性も高く、副作用はほとんどありません。

一方、近年このPRPが変形性膝関節症の治療に用いられるようになりました。
変形性膝関節症については、ホームページの疾患説明をご参照ください。

変形性膝関節症の関節内では、軟骨を破壊する成分(MMP)を作る炎症性サイトカイン(IL-6やTNFα)という悪質なタンパク質の働きが活発になっています。 これを放置すると軟骨の破壊が進み、膝関節機能が失われていきます。

ここにPRPを投与すると、高濃度に含まれた成長因子の働きによって炎症を抑えることで痛みを軽くし、軟骨の破壊を抑えることができると考えられます。 また、PRP治療は、軟骨だけでなく半月板に対しても良い効果を与えることが報告されています(Filardo, Knee Surg Sports Traumatol Arthroc 2011)。

変形性膝関節症の治療としては、かつては運動療法、薬物療法、ヒアルロン酸注射などの保存療法を行っても効果が少ない場合は人工膝関節置換術などの手術治療を考慮するしかありませんでした。 ここにPRP治療が登場し、治療の選択肢が広がりました。

当院でのPRP治療の流れ

当院でのPRP治療の流れを説明します。

PRP治療は自由診療ですが、事前の診察、X線検査を含む諸検査は保険診療で行うことができます。

また、PRP治療以外の治療(鎮痛剤処方、ヒアルロン酸注射、リハビリテーションなど)は保険診療の対象となりますので、PRP治療目的に来院された日には行うことはできません(保険資料と自由診療を同日に行うことは法律で禁止されています)。

当院で使用するPRPは、患者様から採取した血液(片膝の場合約50ml)を専用キットに梱包して血液由来加工受託事業を行っているセルソース再生医療センターに配送します。

引用: Optimized Preparation Method of Platelet-Concentrated Plasma and Noncoagulating Platelet-Derived Factor Concentrates: Maximization of Platelet Concentration and Removal of FibrinogenTissue Eng Part C Methods. 2012 Mar; 18(3): 176–185. Published online 2011 Nov 16. Doi

そこで、長期間(6か月まで)保存できるようにPRPを加工して凍結乾燥させ、患者様の膝に投与します(写真はイメージ)。

この加工に約3週間かかりますが、出来上がった凍結乾燥させたPRPは長期保存できるというメリットがあります。

それだけでなく、凍結乾燥(Freeze Dry)=FD)させた血小板由来成長因子(PFC=PRP -FD)には6つの成長因子が含まれており、総量はPRPの2倍以上であることが学術論文で発表されています(グラフ参照)。

実際の治療の流れ

STEP 1

関節の痛みや違和感の程度、これまでに行ってきた治療についてお伺いします。 保険診療で行います。 医師がPRP治療の適応と判断し患者様のご同意が得られたら、採血日を予約させていただきます。

STEP 2

ご予約日に来院していただき自己血液約50mlを採取し、細胞加工センターに送り、検査*加工します。 *血液検査(検査費用1万円)で、感染症(B型肝炎、HIVなど)の有無をチェックします。感染症検査が陽性に出た場合には、PRP治療を行うことができません。 その場合でも、検査費用1万円はご負担いただきます。

STEP 3

採血から3週間以上期間あけたご予約日に来院していただき、膝関節にPFC-FDを注射します。 注射後は歩いてご帰宅が可能です。 その他生活上の注意点などは、PRP治療の説明・同意書をご参照ください。

PRP治療費用

片膝:税込み15万円 両膝:税込み30万円
PRP治療は厚生労働省の第2項先進医療として承認された治療ですが、
保険診療では認められておらず自由診療になります。

リハビリに関しましては、お電話もしくは直接ご来院時のご予約のみ受け付けております。