Shock Wave セミナーに参加しました

理学療法士の柳沢です。
10月13日(土)日本運動器SHOCKWAVE研究会主催
SHOCKWAVEセミナーに参加しました。

SHOCKWAVEとは日本語で「衝撃波」と言われ、
日本では足底腱膜炎のみ保険適応となりますが、
世界的には様々な疾患に対して有用とされており、
大変期待が持てるものです。

当院を含めてまだ神奈川県で機器を導入している施設はないため、
施術を行うことはできませんが、改善・再発予防のためには
リハビリテーションとの併用が重要であることを
各講師の先生が念を押しており、リハビリテーションの重要性を再認識しました。

私と本講演の演者である高橋 達也先生(船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター スポーツ下肢部門所属 写真)は以前一緒に働いていたこともあり、講演後もお酒を飲みかわしながら整形外科・リハビリテーションについて語り合いました。

足底腱膜炎は決して少なくない疾患であり、
お困りの方は大変辛い思いをされていることと思います。

当院療法士間でも本講演の内容を周知し、
足底腱膜炎の患者様に還元できるよう努めていきます。




写真 高橋 達也 先生(左)と共に
本講演演者 船橋整形外科病院 スポーツ医学・関節センター スポーツ下肢部門