横浜中華街、ここが美味い!四川料理編

横浜中華街ここが美味い!第2回は、四川料理です。

四川料理はご存知の方が多いと思います。
その特徴は、何といっても「辛さ」でしょう。
四川料理を食べこんでいる方は、「痺れるような辛さ」と表現されるかもしれません。

どうして、四川料理はそんなにも辛いのでしょうか?
それを理解するには、四川省の地理から説明させていただく必要があります。
四川省は中国大陸の内陸部に位置しています(図1)。

四川省の位置(目白漢方日記:四川省への旅より)

三国志時代に劉備や諸葛亮(諸葛孔明)が成都を都として建てた国、蜀にあたる地域です。

この地は亜熱帯地域に属していて、特に東の盆地は1年中湿潤で雲空が続きます。
そのような気候ですから、四川料理は中国の他の地方料理に比べ香辛料を多用し特に痺れるような辛さを持つ麻辣(マーラー)の味を特徴としています。

辛い料理を食べて発汗を促すことで健康を保つのだという説もあります(Wikipediaより)。

代表料理と言えば、中国の人たちは真っ先に麻辣火鍋をあげるようですが、
我が国では四川料理の代表といえば、麻婆豆腐とくに陳麻婆豆腐(四川麻婆豆腐)(写真2)があげられると思います。

(写真2)麻婆豆腐(Wikipediaより)

その他、回鍋肉、棒棒鶏、口水鶏(よだれ鶏)、乾焼蝦仁(エビチリ)、水煮肉片、辣子鶏などきりがありません。

さて、そろそろ横浜中華街での四川料理店、ここが美味いをあげてみたいと思います。
横浜中華街で最大級の規模を誇る四川料理の代表店は、全国展開もしている重慶飯店でしょう。
本館、新館、茶樓などがありますが、やはり一番人気は本館のようです。

ただし、こちらの四川料理は、やや日本人の舌に合うようにアレンジされている感があります。
日本人向けにアレンジされていない本場の四川料理が味わいたいのであれば、京華樓がお奨めです。

四川調理協会日本顧問のこだわりの店で、日本人に媚びない中国の四川料理が味わえます。
陳麻婆豆腐(四川麻婆豆腐)が根強い人気を誇っているのは景徳鎮です。
中華街で一番人気の麻婆豆腐に是非トライしてみてください。

遥か昔の三国時代に、あの劉備玄徳や諸葛孔明も痺れるような辛い料理を食べながら中国統一を語り合っていたのでしょうか?

いえいえ、実は四川料理が現在のように辛くなったのは清朝のころ(1735年ころ)と言われています。

劉備や諸葛孔明には現在の四川料理は「耐え難い料理」だったかもしれませんね。
ちなみに、四川料理店で締めの麺を食べるなら担担麺(タンタンメン)ですが、本場中国四川省では通常汁なし担担麺(写真3)が食されています。

昔、肩に棒を担ぎ配達したのが担担麺の語源と言われています。
もしも汁そばだったら、汁はみなこぼれてしまったことでしょう。

ちなみに横浜中華街で汁なし担担麺の有名店は謝朋酒樓です。

(写真3)汁なし担担麺(謝朋酒樓)

四川料理はとにかく辛く、痺れます。
本ブログを読んで四川料理を食べすぎて、万一おなかを壊してしまったら「ごめんなさい」。
ごめんなさいで済まない症状の場合は、当クリニックの内科をご利用いただければ幸いと存じます。