戸塚区リウマチ患者交流会にて講演を行いました。

令和元年戸塚区リウマチ患者交流会 さざ波の会 公開講座で当クリニックの野本 聡院長が講演を行いました
2019年11月13日、横浜市戸塚区のバンブーガーデン オセアン広場で、「関節リウマチの治療と変形した手指・足趾の対策」という演題で講演を行いました(写真1)。


(写真1)講演案内

当日は約50名の戸塚区のリウマチ患者様が聴講にいらっしゃいました。
野本院長は、はじめに関節リウマチがどのような病気か、その症状、疫学、病態などを解説しました(写真2)。


(写真2)関節リウマチとは

次に、最新の関節リウマチ治療について、薬による治療の話を中心にお話をさせていただきました。特に生物学的製剤や分子標的孝リウマチ薬の登場により、関節リウマチの治療成績が向上し、リウマチ手術が減少していることも述べさせていただきました。
しかし、薬物治療が進歩した現在でも、手指や足趾の変形が起こってしまう患者様もいらっしゃいます。そのような患者様に対しては、装具を使用したり(写真3)、手術で変形を矯正する(写真4)といった対策があることをお話させていただきました。


(写真3)変形した手指に対する装具


(写真4)変形した足趾に対する変形矯正手術(ETN:生物学的製剤エンブレル)

今後もこのような活動を通して、皆様の健康増進のお役にたちたいと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

リハビリに関しましては、お電話もしくは直接ご来院時のご予約のみ受け付けております。