西区介護予防啓発事業で当クリニックの野本 聡院長が講演を行いました

2019年5月29日、横浜市西区西公会堂で開催された西区介護予防啓発事業において、当クリニックの野本 聡院長が「ひざ痛の治療と予防 最前線 ~100歳まで生きるために~」という演題で講演を行いました(写真1)。


(写真1)講演タイトル


当日は80名の西区を中心とした横浜市民の方にご参加いただきました。
野本院長は、まずはじめに100歳まで歩き続けるためには、ロコモティブシンドロームにならないようにすることが大切であることをお話しました。
ロコモティブシンドロームの原因疾患の一つが 高齢者のひざ痛の大半を占める変形性膝関節症です(写真2)。


(写真2)変形性膝関節症はロコモティブシンドロームの原因疾患の一つ

そこで、次に変形性膝関節症の治療の話をさせていただきました。
変形性膝関節症の治療で特に強く勧められている運動療法、薬物治療、手術療法などを解説した後(写真3)、最近注目されている再生医療についても紹介させていただきました(写真4)。

(写真3)変形性膝関節症の推奨される治療

(写真4)再生医療:PRP療法

講演の後半では、鶴見区で地域住民のひざ痛を予防するために、野本院長が済生会横浜市東部病院勤時代に取り組んだ活動(写真5)を紹介させていただき、体操を正しいやり方で継続することが大切であることを述べ、講演は終了となりました。


(写真5)鶴見区ひざ痛対策事業

講演終了後は多くの聴講者の方からご質問をいただきました。
今後もこのような活動を通して、住民の皆様の健康増進のお役にたちたいと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

リハビリに関しましては、お電話もしくは直接ご来院時のご予約のみ受け付けております。