変形性膝関節症

膝関節は骨、関節軟骨、靭帯、半月板などから構成されていますが、
変形性膝関節症は軟骨が老化することにより発症します。

年齢とともに関節軟骨が弾力性を失い、摩耗していきます。
さらに進行すると、関節軟骨だけでなく骨にも摩耗が生じたり、骨が過剰に作られたりして膝が変形します。

X線検査をすると、正常な膝(写真1)に比べて変形性膝関節症の膝(写真2)では
軟骨の量を表す骨と骨の間の隙間が狭くなっています(関節裂隙狭小化)。

(写真1) 正常な膝のX線写真
(写真2) 重度の変形性膝関節症のX線写真

また、過剰な骨(骨棘)が出現したり、膝全体の形がゆがんだりしていることも確認できます。
こうした関節の変形は、膝の外傷、過剰なスポーツや肉体労働、肥満など膝関節に過度の負担がかかることにより悪化します。

治療

変形性膝関節治療の治療には、保存的治療と手術治療があります。

膝痛が軽度から中等度の患者様には、保存的治療が行われます。
保存的治療は運動療法と薬物治療に分かれますが、まずは副作用のない運動療法を行います。

当院でもはじめに、膝痛を予防したり改善したりする効果のある体操法を指導させていただきます(当クリニックの整形外科医 野本医師の著書もあります:写真3)。

(写真3)膝痛治療の体操に関する野本医師の著書

薬物治療としては、内服や外用の鎮痛剤を処方させていただきます。
膝関節内にヒアルロン酸などの薬剤を注射で投与する方法もあります。

また、サポーターや装具が有効な場合もあります。
患者様の病態やニーズに応じて治療法を選択させていただきます。

さまざまな保存的治療を行なっても痛みが改善しない重度の変形性膝関節症の患者様には、
手術治療を検討させていただきます。手術治療の中で世界的に最も推奨されている方法は人工膝関節置換術(写真4)ですが、
患者様の病態によっては他の手術(骨切り手術や関節鏡視下手術=内視鏡手術)が適応される場合もあります。

(写真4)人工膝関節置換術後のX線写真

当クリニックの野本医師は2000例以上の人工膝関節置換術の経験がありますが、
クリニックでは手術はできませんので、手術が必要な患者様には近隣の提携病院(けいゆう病院、済生会横浜市東部病院、横浜老最病院、横浜市民病院など)を紹介させていただきます。

また、最近、変形性膝関節症に対する再生医療としてPRP(多血小板血漿)療法が行なわれ始めています。
患者さん自身の血液中に含まれる血小板の成長因子が持つ組織修復能力を利用して治癒を目指す治療法です。

しかし、現在保険診療としては認められていないため、自由診療をしていない当クリニックでは行うことはできません。
ご希望の患者さんにはPRPを行っている近隣の信頼できる施設をご紹介しますので、どうぞ担当医師にご相談ください。

リハビリに関しましては、お電話もしくは直接ご来院時のご予約のみ受け付けております。