第20回日本骨粗鬆症学会でポスター発表

2018年10月27日、長崎で開催された第20回日本骨粗鬆症学会において、
当クリニックの本橋裕美看護師が「クリニックにおける50歳以上の女性外来初診患者に対する骨密度検査推奨の取り組み」という演題名でポスター発表を行いました(写真1)。

(写真1)第20回日本骨粗鬆症学会でポスター発表
当クリニックは、開院以来骨粗鬆症の早期発見のために50歳以上の女性初診患者様に骨密度検査をおすすめしてきましたが、 今回は開院から3か月までの取り組みの結果を報告させていただきました。

6か月以内に骨密度検査を受けた方を除く50歳以上の女性初診患者様の
なんと71.6%の方に骨密度検査を受けていただくことができたという良好な結果を報告させていただいたところ(写真2)、多くのご質問や励ましのご意見をいただきました。

(写真2)発表内容
今後もこの取り組みを継続して、みなとみらい地区の方々の骨粗鬆症早期発見に努めていこうと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。