アクテムラ適応追加10周年記念講演会で座長を務めました

2018年10月18日、当クリニックの野本 聡副院長は、
アクテムラ適応追加10周年記念講演会において
Special Lectureの座長を務めました。

アクテムラは、関節リウマチに有効とされる生物学的製剤の一つです。

この薬が関節リウマチに使えるようになってから10周年ということで、
記念講演会がみなとみらいの横浜ロイヤルパークホテルで開催されました。

当日は神奈川県で関節リウマチ診療に従事する多くの医師が参加されていました。

Special Lectureとして、大阪大学講師の蛯名耕介先生が「関節リウマチにおける骨関節破壊機序とその対策」という演題でご講演されましたが、当クリニックの野本副院長はその講演の座長を務めました。

講演は、関節リウマチにおける骨や関節の破壊される仕組みの基礎的な話から、アクテムラを中心とした薬物治療の話、大阪大学における関節リウマチに対する新しい手術の方法のまで及び、リウマチ専門医にとっても一般内科、整形外科医にとっても大変有意義な内容でした。