【第4回】胃食道逆流症(GERD)・逆流性食道炎あれこれ

胃食道逆流症(GERD)について

 甘いものや油っこいものを食べたときに「胸やけ」や「すっぱいものが上がってくる(呑酸)」あるいは「胸のあたりが痛くなる」、といった症状を感じたことはありませんか?それは胃食道逆流症(GERD: Gastroesophageal reflux disease)による症状かもしれません。

GERDとは胃と食道のつなぎ目の締まりが悪くなることにより、胃酸が食道に逆流し、胸やけを中心とした症状を引き起こす疾患のことをいいます。 GERDは、症状や内視鏡で食道と胃のつなぎ目を観察をすることで診断します。 図に示したように一つはびらん性GERD、いわゆる逆流性食道炎と呼ばれるものです。 内視鏡でみて、胃と食道の境目にびらんや潰瘍といった食道粘膜の傷害を認めるものは逆流性食道炎と呼ばれます。

一方、内視鏡では食道と胃のつなぎ目はきれいなのに、胸焼けや呑酸などの症状だけがある場合、それは非びらん性GERD(NERD)と呼ばれます。  もちろん内視鏡で粘膜傷害があり、症状のある方もいます。

GERDの症状を悪くするもの

GERDの症状は、食事の内容や体型など様々な要因により誘発されたり、増悪したりします。 甘いもの、油っこいもの、アルコール、喫煙は代表的な症状を悪くする因子です。

また肥満、円背といった体型、腹部を締め付けるベルトやコルセット、腹圧をかけるような前傾姿勢も症状を悪くする要因となります。

このほか血圧を下げる薬や喘息の薬、痛み止めなどの薬のなかにはGERDの症状を悪くさせるものもありますので、お薬をのみはじめたら胸やけがするといった症状が出た場合は、かかりつけの先生に相談してみましょう。

GERDの治療

GERDの治療の基本は前述のような食事・肥満・体位などの誘因・増悪因子を除くことです。さらに食べすぎや夜遅くの食事、食後すぐのごろ寝を控えることも症状出現を押さえてくれます。

夜間胸やけが出現するようであれば上半身を高くして寝ることも有効です。

それでもなお症状が治らない場合はお薬による治療を行います。プロトンポンプ阻害薬やH2受容体拮抗薬、あるいは消化管運動機能改善薬といったお薬が使われます。

プロトンポンプ阻害薬はGERDの特効薬といわれています。とくに逆流性食道炎(食道と胃のつなぎ目に粘膜傷害のあるもの)ではよく効きます。プロトンポンプ阻害薬には従来からあるものとP-CABといわれる新しいタイプのものがあります。日本人のなかには体質的に従来のプロトンポンプ阻害薬が効きにくい方がいます。このような方の場合はP-CABを使うと良いでしょう。

ただし、非びらん性GERDのかたではPPI, P-CABともにお薬が効かない場合があります。お薬は効かない場合は無理に内服せずにかかりつけ医に相談しましょう。

GERDこぼれ話

GERDの主な症状は胸やけ・呑酸ですが、GERDの症状はそれだけではありません。

胸痛や胸の灼熱感、喉の違和感、つかえ感、しつこい咳、不眠などが出現することがあります。

これらの症状については胸痛であれば循環器疾患(狭心症や心筋梗塞など)、咳であれば呼吸器疾患、喉の違和感であれば耳鼻咽喉疾患などについてまず調べて、それぞれの専門科の疾患によるものではないと判断されれば、GERDによる症状を疑い内視鏡などで検査したり、GERDの治療を行うことでこれらの症状がよくなることがあります。

予防接種、各種検診、リハビリに関しましては、お電話もしくは直接ご来院時のご予約のみ受け付けております。